中古マンションの気をつけたいこと

修繕積立金の問題

中古マンションを購入し、入居後に発生する修繕積立金。 毎月支払いを行なっていくことになる費用ですが、中古マンションを購入するにあたっては要確認項目の一つです。 毎月どれだけのお金を支払うことになるのか、ということの確認だけでは足りません。

どういうことかといいますと、マンションの修繕は規模が小さいもので5年ごと、規模が大きいもので10年ごとに実施されることが多くなっています。 しかしながら、大規模修繕をするためにかかる資金が不足してしまうことが少なくありません。 工事にかかる資金不足を解消するために、管理組合が協議し、修繕積立金が高く設定される場合があります。 また、中古マンションを購入して入居後すぐのタイミングで修繕積立金が引き上げられるということも決して珍しいことではありません。

将来的に金額が上昇するかどうかは管理組合に質問してみることでわかる場合があります。 適切に運営されている管理組合であれば、長期的な修繕計画表が作成されており、その計画にしたがって修繕積立金の金額が高く設定される形になります。 入居者側としてはこうした情報により、金額が引き上げられる時期を先読みすることが可能になるのではないでしょうか。