中古マンションの気をつけたいこと

中古マンションは安い?

中古マンションは中古ということで、基本的には新築マンションと比較して低価格で販売されている点がメリットの一つです。 築年数が浅くきれい、強固な建物であり、最新の設備・施設が導入されていてなおかつ安い、良好な立地という条件のいい中古マンションもありますが、そうではないところも少なくありません。 たとえば、立地条件のよい中古マンションは、分譲時の価格と大差がないことがあり、中古マンションによっては分譲時と比較して値上がりしていることもあります。

また、購入時には安い中古マンションでも、買ったあとすぐに大規模な修繕が必要になり、莫大な出費を余儀なくされるということもあります。 修繕の規模によっては、新築マンションを購入したほうが安上がりだったということにもなりかねません。 そのほか、中古マンションを購入する際には、新築の購入時には発生しない場合が多い仲介手数料がかかり、物件価格の3%+60,000円+消費税がかかります。 仲介手数料以外の諸費用もまとめると、物件価格の5~8%の出費になる場合が多いです。

上記のように、安いことが最大の魅力として取り上げられることの多い中古マンションでも、場合によってはお得に買えないということがある点には注意が必要です。 このサイトでは、費用に関すること以外にも、中古マンションで気をつけたほうがいいことを紹介します。 今後、中古マンションを購入したいと思っている人は別のページの内容も参考情報としてお役立ていただければ幸いです。



■Recommend Site■
中古マンションを購入する際にかかる費用などの情報が幅広く記載されているので役にたちます ⇒⇒⇒ 東京などの中古マンション 費用